メガネのサイズ

レンズの大きさや厚さが顔の印象に影響する

メガネのサイズはレンズの大きさとフレームの太さに影響されます。レンズが大きくなると顔全体も大きく見えることから、体全体のバランスを考えてメガネを選ぶ際は注意しなければいけません。また、大きさ以外に厚さも無視できない要因です。一般的にレンズが厚くなるほど重々しい感じが生じ、瞳が小さく見えるようになります。瞳が小さく見えると相対的に顔が大きく感じられるので、レンズが厚いメガネをかけると顔が大きく見えてしまうのです。特にプラスチックレンズは度が強くなるとレンズが厚くなるので、メガネを作る際は十分に注意しなければいけません。見栄えを良くするためにはレンズを薄く加工するなど、全体のバランスを考えた工夫が求められます。

フレーム選びはファッションセンスが問われる

メガネのフレームはレンズ以上に顔の印象を左右します。同じサイズのレンズでもフレームの太さで顔の印象が大きく異なるので、メガネ選びはフレーム選びがポイントと言っても過言ではありません。フレームが太く、厚くなるほど顔が大きく見えるようになります。一方で家庭的な温もりも感じさせることから、メガネを使い分ける場合は自宅用などリラックスできる場での使用に適していると言えるでしょう。金属で作られたフレームは細く、薄い物が多いのでシャープなイメージを持たせることができます。ビジネス用のメガネは金属フレームを用いるのが社会人のマナーとも言われていますが、フレームが細く薄いメガネは冷たい感じもあるので慎重に扱うことが大切です。