メガネの手入れの頻度

適度な手入れの頻度とは

メガネには様々な汚れが付着します。例えば、皮脂、花粉、目には見えないほこりなどです。放置しておくと汚れが蓄積されるだけではなく、小さい傷がつくこともあります。きちんと手入れをしないとメガネの寿命が縮まってしまうため、こまめに手入れをしましょう。メガネを使用する度に手入れをするのが適切です。常にメガネをかけているのならば1日1回以上手入れをしましょう。また、毎日かけていなくても、使用する前に一度汚れを拭き取るなどしましょう。

メガネ本体だけではなく、メガネケースやメガネクリーナーを洗うことも重要です。メガネケースは内側をウェットシートなどで軽く拭くだけで汚れが落ちます。メガネクリーナーは1週間に1回程度洗濯しましょう。

具体的な手入れ方法とは

メガネの汚れをしっかりと落としたい場合は、水洗いをしましょう。水道からほどよく水を流しながら、丁寧に洗うのがコツです。水を一気に出すと、水圧によってメガネを落として破損するリスクが高くなります。また、ちょろちょろと水を流すと必要以上に時間がかかってしまいます。長時間メガネを持っていると力が加わり続けて変形してしまう恐れがあるため、注意しましょう。水洗いだけでは汚れが落ちない場合は、専用の洗剤を使いましょう。水洗いの後は、しっかりと水分を拭き取ることが大切です。もしも水が付着したままだと、ねじ部分などが錆びることがあるためです。

メガネクリーナーなどで簡潔に手入れをする場合は、レンズが傷つかないように優しく拭きましょう。