メガネの正しい手入れ方法

大切なメガネだからこそ、メガネ拭きで手入れを

高価なメガネ!メガネについた汚れはつい自分の衣類やハンカチで日頃、拭いてしまいがちです。メガネを使い慣れてしまうと、メガネ拭きを持ち歩くのが次第に面倒になってくるんですよね。でも、待ってください!メガネは傷つきやすいですし、メガネ拭き以外で拭くなんてもってのほかです。自分は汚れが取れているつもりでも、メガネには細かい傷が入っています。最悪なパターンは細かい傷が蓄積して、メガネのコーティングが剥がれてしまったとき。これははたから見ても悲惨です…。

どうか、メガネの汚れを取り除く際は、極力メガネ拭きで汚れを拭いてください。それから、ウェットティッシュなどもメガネのプラスチックを変質させる原因となりますので、重々注意しましょう。

メガネの汚れを、石鹸で洗うのはNG

メガネの表面ってガラスやプラスチックが使われていて、とてもデリケートです。そこに酸性やアルカリ性の石鹸を使用してしまうとメガネが変形してしまいます。使用洗剤を確認するのは手間がかかりますが、くれぐれも洗う際は、中性の洗剤かどうかを確かめてください。それから、レンズ表面は、皮膜がついており、お湯に弱いです。洗う際、フレームは曲がってしまう恐れもあるので、消耗を早めないためにもメガネを水で洗ってしまう方がいいと思います。また最近は、メガネ専用の超音波洗浄機が販売されているので、こちらも試してみるとよいかもしれません…。どうしても温かい水を使用したいときは、ぬるま湯を使うようにしましょう。消耗を防げます。